自然

2009年1月24日 (土)

今日は日記風で

日々の色々を写真に撮ったり綴ったりするブログってことで。 

【お正月は過ぎたけど】

P1242359

二人の足元に駒がこれでもかって程転がっております。駒の所有者のgasaさんの居ぬ間に…ってことで(笑)。

みい「ダイキチ~ぃ、教えて~」

P1242358

喧嘩する時はどちらかが泣くまでとことんしますが、基本的には仲良し兄妹。

【凍ってました】

P1242378

近所の山の斜面に、水の染み出して来る所があって、今日はそこにつららがずらりと…本当にここは九州なのでしょうか?

私が子供の時、矢張り実家の近くに水の染み出してくる所があって、冬になると大抵つららが下がっていた。それを近所の悪がきどもと一緒にがりがりかじりながら帰ったものだ(爆)。

【元気と言えば】

この方達も元気。

P1242357

こっこ庵のフルーツパーラーを独占中のヒヨドリ。茂みの中では目白が「キリキリキリ…」と、抗議の声をあげていた。

P1242365

最近出番の少ないJoe君も、勿論元気ですよ。

P1242371

畑をほじほじして、つちの中の虫を探す黄鶺鴒(きせきれい)。動きが早いものだからブレブレ(苦笑)。

【春はそこまで】

P1242367

ヒヤシンスの小さな芽。寒いけど、春はそこまで来ているのかも。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月 1日 (月)

寒い朝

今日から師走なんだ…と改めて実感。一年が早すぎです(汗)。

Cimg3396

地面が凍て付いてます。今年初の霜が降りました。

Cimg3398

先日植えたちもと(わけぎ)も寒そうです。

Cimg3400

「バケツがこおってるよ~」…バケツが凍ってるわけではありません(笑)。

Cimg3401

「こおり、とったよぉ~」

私が子供の頃、こんな氷に穴を開け、糸を通してネックレスにしたもんだ。

教えてやろうかとも思ったが、恐ろしい事になりそうなのでやめてみた(笑)。もうちょっと賢くなったら教えてやろうっと。(いつのことだ?:爆)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年10月10日 (金)

秋の香り

前回の写真とは打って変って、青空の写真

Pa091846

庭先の金木犀が咲き誇り、その甘い香りを辺りに漂わせています。

毎朝窓を開けると、この香りが一番に飛び込んできて目が覚めます。その向こうからは空も薄暗いのに百舌の「ギチギチギチ…」。最近はこうして朝を迎えます。

この写真は昨日の昼過ぎに撮ったものだけど、この頃の明るい空の色に金木犀のオレンジはぴったりだと思いませんか?

Pa091847

こちらはチロリアンランプ。あまり綺麗に空の色が出なかった…

目白はこの花の蜜も大好きでよく遊びに来てくれるのですが、まだまだ暖かくてお山にも食べ物が沢山ある為か、今年はまだ遊びに来てくれません。裏の藪のほうからは「チヨチヨチヨ…」と可愛い鳴き声が聞こえてくるのですが…

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年10月 8日 (水)

寒露

朝、辺りには霧が立ち込めていた。

向こうが見通せないほどの濃い、だが、艶があり透明感のある白は絹の様なと言う表現があっているかもしれない。

Pa081843

月の様に輪郭の見える太陽。

Pa081834

葉の裏の大きな雫、葉の表面にある蜘蛛の糸には小さな水滴が。

Pa081833

一文字挵(いちもんじせせり)の羽にも小さな雫が付いている。ここで夜を明かしたのだろうか。それとも、濡れた羽を乾かしに、葉の表に出てきたのだろうか。

Pa081827

斑猫(はんみょう)も背中に小さな雫をつけている。まだ気温が低い所為か、カメラを近くに構えてもまるで動く気配が無い。

Pa081830

普段は近づこうとすると途端に逃げてしまう彼ら、こんな機会は滅多に無い、暫く遊んでもらおう。

Pa081837

大きな顎がかっこいい。だが咬まれると涙が出るほど痛い。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2008年9月26日 (金)

ご心配お掛けしました。ぼちぼち元気です。

本当に皆さんご心配お掛けしました。

お陰さまで元気になりました、ぼちぼち更新もしていきます。まずは近況。

【家族が増えました】

といっても人間ではなく亀さんなのですが。

私が熱でふらふらになっている頃、同じくみいも「ペット飼いたい熱」に侵されておりまして…家は諸事情で毛の生えているペットは無理なのでこの子達が我家の一員となってくれまいた。

P9261732

甲羅干し中のミドリガメ君。しかも右足を上げて寝ている…

もう一匹いるのですが、物凄く警戒心が強いのでちっとも出てこない、出てくるのはゴハンの時だけ(笑)。これからもたびたび登場する事になりそうですのでどうぞご贔屓に。

【白い彼岸花】

P9231724

去年の今頃も多分記事として書いたと思うけど、白い彼岸花について気になって調べてみた。

白彼岸花(しろひがんばな)と言う種類だそうで、鐘馗水仙(しょうきずいせん)という黄色い彼岸花そっくりの花と彼岸花との交配により出来たものらしい。

【お手軽におやつでも】

P9261729

私がこんなのを作るあたり、元気が出てきた証拠。ベーキングまで行かないのでまだまだだけどね。ちなみにこのプリンは蒸さなくても焼かなくても出来ます。

普通にプリンを作る要領でプリン液を作り、アガー(寒天で出来たゼリーの素)を入れ鍋で沸騰直前まで弱火でゆっくり攪拌させ、型にいれ冷やせば出来上がり。

上からカラメル液(家には白砂糖が無いので甜菜糖)を注いでそれっぽくなった?

でも、私の口には一口も入らない…子供の友達が来て「旨い旨い」と言って食べて行ったのだ。…いいんだよ、その言葉さえ聞く事が出来れば(涙)

【茄子が旨い】

P9261733

茄子の揚げ浸し。

毎日茄子を食べているような気がする…焼き茄子(これが一番好き)、茄子カレー、茄子の炒め物、毎日食べて(いや、毎食かも)よく飽きないものだ。あ、まだまだ麻婆茄子を食べていない(笑)。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2008年9月18日 (木)

赤い花と雨空

P9181699

P9181701

この所すっきりしないお天気が続いています。しっとりとした空気や瑞々しい草花も好きなのですが、そろそろ青空を見たいです。

台風が接近してますね。皆様のお住いの所は大丈夫でしょうか。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年8月28日 (木)

なにげない花

ここの水辺で見つけた花

P8111410

勿忘草(わすれなぐさ:ムラサキ科)。英名では「forget-me-not」だったっけか?和名の勿忘草はこれの和訳である事は言うまでもなく。

P8111409

この川の岸はずっと勿忘草の群生。それはそれは圧巻でした。

こんなに沢山なくても良いけど、どんなに大輪の艶やかな花よりも、私はこんななにげない花一輪のほうが 好きだったりする。             

| | コメント (8) | トラックバック (1)

2008年8月25日 (月)

本宮山で見たもの

ああ、やっとUP出来る…

P8201467

ナルコユリ(鳴子百合)ユリ科の多年草。可愛らしい実が付いています。

ホウチャクソウか?とも思ったけど、こんなに鈴なりにはならないよね???

P8201482

マムシグサ(蝮草)サトイモ科。今の時期はこのように実になっているが、別の山で春に見た花はこれ

名前も姿も恐ろしげだけど、これが熟して赤くなるともっと凄みを増す。

P8201483

ヤマハッカ(山薄荷)シソ科。これも最後まで迷った。ヤマハッカというと赤紫の茎と言うイメージだったが、薄暗い林の中では緑色なのね?

花は、植物は難しくて、奥が深くて、面白い。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年3月25日 (火)

桜の蕾と雪柳

P3200312 P3250360

ダイキチが春休みのうちに、一つくらい山に行きたい。

だが、トレーニングもサボり気味、このまま行くのも不安なので片道一時間の散歩。

山では大体長男に先を行ってもらっている。ペースメーカーとして、ルートファインディングの訓練として、そして忍耐をつける為。

ダイキチはすたすた行くのに対し、みいは立ち止まっては小石を拾い、花を摘み…ひたすらマイペース。…ははは、忍耐だよ、忍耐。

で、片道一時間の予定が大幅に狂ってしまった。目的地の公園では、雪柳が満開、染井吉野は後二、三日で開花しそうだ。

いつもはめい一杯望遠で撮っているが、今日はマクロの世界(笑)。

お弁当を食べ、帰りにご褒美に買ってやった籤つきのお菓子、家について開けたら見事に当たりが出て、又歩くことになった。良いトレーニングになったぞ。

…で、思ったんだけど。

28日から12日間(12日間ってのが、JRの往復割引の最長なんです。距離によって変わりますが)実家に帰るんですよね。ああ、山に行けるかな~

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年2月 7日 (木)

二月七日

今日は旧正月ですよ。

Dcf_0228

Dcf_0227

上:霜柱。下:褄黒豹紋蝶(つまぐろひょうもんちょう)の幼虫。

寒かったり暖かかったりで生き物も困惑気味?

| | コメント (0) | トラックバック (0)