« 8月31日 長者原から坊がつる(くじゅう) | トップページ | 8月31日 長者原から坊がつる(くじゅう) その3 »

2008年9月 4日 (木)

8月31日 長者原から坊がつる(くじゅう) その2

…前回より…

夏休み最後の日曜日、長者原から坊がつるに向けて登山を開始するも、先程までの霧雨が雨に!さあ、どうする、cocco一家!

*  *  *  *  *  *

花を撮るのに夢中になっていたが、雨にぬれてはならないと、急いでカメラを仕舞う。

依然雨は降る続くも、それ程酷くなる気配も無し。今日はこんな感じが続くのだろうな…これ以上酷くなるのであれば引き返す事を考えるとして、今は足を進めよう。

タデ原の湿原を抜けると樹林帯の中の林道歩き、暫く進むといよいよ登山道となる。雨の中の森も気持ちがいい。遥か頭上でぱらぱらと木々の葉が雨に打たれる音がする。葉が屋根になってくれるので、下まで雨が落ちてこないのだ。

暫く歩くと、野薊(のあざみ)の花に群がる蝶の群れに出会う。あ…!これは…

「ゴマダラチョウだ~!」

…ま、名前も姿も似てなくもないが、これは浅葱斑(あさぎまだら)だ。

遠距離を移動する事で有名になった蝶、もしかしたら会えるかもしれないな、とは思っていたけれど、本当に会えるとは…!

そして遥か頭上には、更に多くの浅葱斑がふわふわと漂うように飛んでいた…!

そして私はこの時点で再び、もういつ下山しても悔いはない!と思っていたのであった…(本当か?:笑)

吸蜜しながらも羽をはためかすので、撮影にはちょっと自信がないので人任せ。

P8311539

浅葱斑。(めっきり影の薄い:笑 gasaさん撮影)この蝶の幼虫も、先日紹介した麝香揚羽(じゃこうあげは)同様、食草(ガガイモ科の植物)に含まれる毒性の強いアルカロイドを選択蓄積し、捕食者から身を守っている。

P8311541

こちらはフラッシュ撮影。(こちらもgasaさん撮影)薄暗い森の中では自然光での撮影は無理なのかしら~。不自然に明るいので気に入らないけど(って、自分で撮影したわけでもないのに…)、蝶の羽の様子がわかっていただけるだろう。

この蝶達は厳しい冬を前に、これから南西諸島に向けて長い旅に出るのだ。蝶に別れを告げ、再び出発。

歩いていると暑くなる。雨は相変わらず降っているようだが、下まで雨が落ちてこないのでヤッケを脱いで歩く。ヤッケさえ脱げば、歩くには丁度いい気温だ。

しかし、虫が凄い!子供達には虫除けをしてやったので大丈夫の様だが、私の顔の周りを数匹飛んでいるぞ。あ゛!おでこが痒い!喰われた!!しかし、不思議な事にgasaさんは平気な顔をしている。何で?

少しでも止まっていると虫の餌食になるのでどんどん進む。途中、数人のおばさま達と一緒になる。「あらっ!この子(ダイキチに向かって)綺麗な顔立ちねぇ~」と、おばさま達のモウレツなアタックに、流石のダイキチもたじたじ。お前も綺麗なお姉さんに同じ事をしているのだぞ、ダイキチ…

それにしてもこのおばさま達のパワーは凄い。ずっとしゃべりっぱなしで歩いている。流石に指山の分岐辺を過ぎたところから少し道が険しくなり、よっこらよっこらとなるのだが、それでもおしゃべりが止まらないのだ。このパワー、一体どこにあるのだろう?

この森ではキビタキやカラ類の囀り、カケスの声が聞こえている。時には、すぐ近くでも!ここは野鳥の楽園でもあるのだ。

突然視界がひらけて、ガレた場所に出る。

P8311542

そして真新しい看板に赤い文字で「土石流注意」。

…(滝汗)。

おばさま達と「土石流に遭ったら、注意も何も巻き込まれるしかないねぇ~ハハハ」といったものの、笑いに力がなかったり?

そういえば、ここまで来る間に、砂防ダムのような所がいくつもあったが、そういうわけだったのね~

こんな恐ろしい場所はさっさとおさらばして、道を進もう。

再び樹林帯に入り、虫たちの手荒い歓迎(!)を受けながら道を進む。暫く歩くと再び視界が開け、ご丁寧に椅子が作ってある場所に出る。さえぎるものが何も無いので、雨はそのまま降り注ぐ。先程より若干雨脚が強くなっているようだ。

「おばさんたちはここで休憩してから引き返すねぇ」と、途中から同行したおばさま達はザックの中からおやつを取り出し、子供達にくれるのだった。そしてダイキチはなにやら意味不明な舞い…(多分、感激の舞い:笑)

おばさま達に別れを告げ、先を進むcocco一家。

ここから少し歩くと雨ヶ池に辿り着く。そこから坊がつるはもうすぐそこだ!!

…次回もお楽しみに~

|

« 8月31日 長者原から坊がつる(くじゅう) | トップページ | 8月31日 長者原から坊がつる(くじゅう) その3 »

コメント

すごーい!素敵ね♪
長距離移動する蝶の群れ、私も一生に一度でいいから見たい!!
やっぱりかなり大型の蝶ね。見応えあったでしょう!?

危険を顧みず進むcocco一家、次回も楽しみ♪(笑)

投稿: ささめ | 2008年9月 5日 (金) 11時49分

あ、やっぱり続くんだ(笑)
「土石流注意」て・・・。
あまりのキケンな匂いに笑うしかないな・・・。
ダイキチくんは普段の報いを受けたのね?
そう。
過去にダイキチくんに言われたお姉さん達も、きっと舞ってたんだよ(笑)

で、次は「その4」だっけ?(笑)

投稿: maeda | 2008年9月 5日 (金) 13時23分

ささめさんへ
浅葱斑は高原で良く見かけるそうですね。飛び方はまさに「舞う」といった感じで、ふわふわと漂うようにも見えました。
そしてcocco一家に更なる試練(?)が襲い掛かります。
お楽しみに~♪

投稿: こっこ庵@店主 | 2008年9月 5日 (金) 20時02分

maedaさんへ
続きますよ~引っ張りますよ~(笑)。
多分、その5くらいで終わるんじゃないかと…
(私が息切れしそうなので:笑)
で、やっぱりmaedaさんも報いをうけたの???(爆)

投稿: こっこ庵@店主 | 2008年9月 5日 (金) 20時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/74237/23491286

この記事へのトラックバック一覧です: 8月31日 長者原から坊がつる(くじゅう) その2:

« 8月31日 長者原から坊がつる(くじゅう) | トップページ | 8月31日 長者原から坊がつる(くじゅう) その3 »