« バターは今でも品薄なんですかねぇ | トップページ | なにげない花 »

2008年8月27日 (水)

在庫整理中~

今日は雨でお外に行けないし、過去の画像の在庫整理中~

そして私は、食べ物の記事の次に虫の写真をUPする奴なのでご了承の程を。

Dcf_0361

ダイミョウセセリ(セセリチョウ科)。羽を広げて止まる姿が、羽織袴を着けた大名に似ているとか何とか…。セセリチョウ科のチョウって、何故か蛾に間違われてしまう(判らんでもないが…)。ま、もとをただせば蛾の一部が蝶なんですがね。(なんじゃそりゃ)

Dcf_0362

アオスジアゲハ(アゲハチョウ科)。随分とがんばって生きていたようで、羽がぼろぼろ。こんな蝶を見ると、もう夏も終わりだなぁ、と思ってしまう。

Dcf_0355

そしてこれはこの前の記事にあった「もどき」君。アゲハモドキ(アゲハモドキガ科)。

前回の写真では良く判らなかったが、ジャコウアゲハ同様お腹まで赤い!まるでイモリ。

Dcf_0356

こうしたらお腹の赤さがもっと判って頂ける?蝶のようですが、触角の形を見ていただければ蛾である事が一目瞭然。

お店の駐車場にへばりついていて車に轢かれそうなところをみいが救出。恩返しに来るかな?(どんな恩返しだ…)

|

« バターは今でも品薄なんですかねぇ | トップページ | なにげない花 »

コメント

ぎょーーーー!!!
ごかんべ~~~ん!!!---と言いながら見てしまう私っていったい、、?
怖いものみたさ、でしょうか。
そいえば、7月頃この「もどき」がうちに来て、私は卒倒寸前になりました(笑)。

投稿: 見張り員 | 2008年8月27日 (水) 23時26分

こんばんは。

セセリは蛾っぽです。紋様がシンプルってのもあるんでしょうね。
また、止まって休憩するとき、蝶は羽を閉じることが多いのに対し、蛾は羽を広げて止まるイメージが強いですから。

どないですか?

投稿: Gero | 2008年8月27日 (水) 23時39分

純金製のリン粉とか?(笑)
でもその助けた精神におにい・・・おじちゃんから金メダルをあげよう!
(あ・・・。オリンピックはもぅ終わってたのね・・・)

・・・っつーか蛾だから。
なんだかんだ言って蛾ですから、ソレ。

う~・・・、ダメだbearing

投稿: maeda | 2008年8月28日 (木) 13時16分

見張り員さんへ
やっぱり駄目でした?
そして「もどき」の襲来にあわれたとは…
トラウマになられていない事をお祈りします(笑)。

投稿: こっこ庵@店主 | 2008年8月28日 (木) 13時26分

Geroさんへ
やはり、シックな色合い(個人的には好みです)やら、止まっている時の羽の状態からそう思われる方が多いですね。
一般的に蝶と蛾の区別と言うのが、蝶は羽を閉じ、蛾は羽を広げるそうですが、彼らのように例外もありますよ。

投稿: こっこ庵@店主 | 2008年8月28日 (木) 13時29分

maedaさんへ
純金製の鱗粉…あっという間に風に飛ばされそう(笑)。
みいはあちこちで虫の救出(?)を行ってますが、未だに恩返しに来てくれた虫はいませんねぇ(当たり前か…)
飼っていた芋虫が見事羽化した時を見られたは「これぞ恩返し」って思いました。

そ。蛾ですから…(含笑)

投稿: こっこ庵@店主 | 2008年8月28日 (木) 13時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/74237/23290132

この記事へのトラックバック一覧です: 在庫整理中~:

» 初秋の川久保渓谷 [高槻のええとこブログ]
川久保渓谷を歩きました。町はまだ残暑でしたが、谷沿いの道は涼しい風が吹き渡っていました。集落のはずれの道端で蝶が迎えてくれました。渓流に沿った山間の道端などに特に多いダイミョウセセリという蝶です。撮 影 日  2008年9月6日撮影 場所  川久保(地図)投 稿 ... [続きを読む]

受信: 2008年9月 9日 (火) 13時04分

« バターは今でも品薄なんですかねぇ | トップページ | なにげない花 »