« 本宮山 | トップページ | お土産お土産~♪ »

2008年8月21日 (木)

芋虫嫌いの人、注意!その3

昨日の山で見つけた芋虫はちょっと変わっている。

だから、ものすご~く語りたい!長文になる事覚悟で(笑)。

P8201474

この、つのつの芋虫はジャコウアゲハ(麝香揚羽)といいます。

白黒のいぼいぼで、どこがアゲハの仲間なのか?といった具合の姿をしていますが、アゲハ特有の臭角はちゃんとあります。お情け程度ですが。(写真の黄色い部分)

この芋虫の食草はウマノスズクサ科の蔓性の植物ですが、この植物はアルカロイドの一種アリストロキア酸という成分を含み、毒性があります。(漢方薬として利用されていた事もあるそうですが)芋虫さんはこの植物を食べ、体内に毒を蓄積(選択蓄積という)する。

何でこんなことをするのか、それは毒を持つ事により、捕食される事を防ぐ為。そしてその毒は成虫になっても残り、鳥などの捕食者から身を守ることになります。そういうわけで、この芋虫さんの大人の姿(蝶)は「毒がある」事をアピールする為、派手な色をしています。

残念ながら写真がありません。強いて言うならこんな感じ。

070909_201019

写真はアゲハモドキと言う蛾の仲間。ジャコウアゲハに擬態して捕食者から身を守っているらしいです。オナガアゲハもジャコウアゲハの擬態と言われていますね。興味がある方は検索してみてください。(他人任せ:笑)

あと、蛹も特異な姿をしていて、「お菊虫」と呼ばれています。これは「皿屋敷」のお菊さんから来ているそうです。これも残念ながら写真がありませんので、興味のある方は検索してね♪(又他人任せかい!)

|

« 本宮山 | トップページ | お土産お土産~♪ »

コメント

や、やっぱり芋虫系はあかんな~、って。。。
ムカデとかも。。。
う、う~…

投稿: 出海 | 2008年8月22日 (金) 00時59分

出海さんへ
やっぱりねぇ、駄目な人には駄目だもんねぇ。
いた、平気な人が珍しいかな(笑)。
そんな私って一体…

投稿: こっこ庵@店主 | 2008年8月22日 (金) 19時35分

お初にお目にかかります。

うわあ、、、。すごっ。
わたくしは、芋虫はともかく、「蝶」・「蛾」はまったくだめです。でかくなればなるほどだめです。
あれが、ひらひら飛んでくると血相変えて逃げ回ります。
はたから見ると、とても可笑しいらしいです。

投稿: 見張り員 | 2008年8月22日 (金) 22時54分

勉強になりました。

毒蛾ならぬ毒蝶ですか(@_@;)

かといえば、モドキもいる。いろんな生き物がいますね・・・。

投稿: Gero | 2008年8月23日 (土) 01時13分

あ゛~、
また 『注意!』 の文字に手が勝手に反応してしまいました。

今回のは、何だかコンペイトウに見えちゃいます。(チョコ味?)
体の中に毒素を取り込んじゃうんですね?
しかも溜め込んじゃったりして、、、
すごい知恵ですねー。

それに良く似た 『モドキ』 は、どこか影からコッソリ見て覚えたのでしょうか ?(・・)
ずるいなぁ pout

投稿: ちば竹 | 2008年8月23日 (土) 05時55分

見張り員さんへ
こちらこそ初めまして。
芋虫毛虫、蝶や蛾も駄目な方には駄目なようですね…
粉(りん粉)が駄目と言う方が結構いらっしゃいますね。
(あ、こんな話も駄目ですね:笑)

こんなblogではございますが、よろしくお願いします。

投稿: こっこ庵@店主 | 2008年8月23日 (土) 18時07分

Geroさんへ
色々な虫がいて、色々な技で皆生き抜いているのですよねぇ。
自然は、生き物は、知れば知るほど奥が深いですね。

投稿: こっこ庵@店主 | 2008年8月23日 (土) 18時09分

ちば竹さんへ
若干丸みを帯びたつのつの加減がこんぺいとうチックですよね~
(しかもチョコ味:笑)
そして毒草を食べて生き延びると言う事をどうやって覚えたのでしょうね。自然の知恵というものは凄いです。
そして、その物まねをする事を覚えた「もどき」君も…

投稿: こっこ庵@店主 | 2008年8月23日 (土) 18時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/74237/23138431

この記事へのトラックバック一覧です: 芋虫嫌いの人、注意!その3:

» 漢方薬とは [今日も元気!漢方です。]
漢方治療では、「生薬(しょうやく)」と呼ばれる薬効のある動植物や鉱物を幾つか組み合わせた薬を用います。これが漢方薬です。生薬の配合の仕方や配分は、長年の臨床経験から体系化されてきたものです。一般的に穏やかな作用をするのが特徴です。身体全体に作用するのであり、現代医療のように、病巣だけに的をしぼって直接作用するのとは異なります。一方、現代の医療で用いられる現代薬、すなわち西洋薬や化学薬の多くは、... [続きを読む]

受信: 2008年9月19日 (金) 23時15分

« 本宮山 | トップページ | お土産お土産~♪ »