« しっぽのいもむし(芋虫嫌いの人、注意!) | トップページ | バナナとチョコのナイスな関係 »

2008年7月24日 (木)

徒歩一分の天然プール

夏休みに入ってから、あちこち出歩いてばかりと思われている方もおられるかもしれませんが、(実際、あちこち出歩いています:汗)実は出歩かなくても良い水遊びスポットがあったりするのです。

P7241319

我が家の目の前の川。歩いてすぐです。

P7241316

川には魚が沢山います。ここは翡翠(かわせみ)の狩場でもあります。

P7241290

私の愛読書を見て作ったと思われる「ウケ」を持って、こちらもこれから狩に出ます。

P7241297

晩御飯は任せたよ~(笑)。

P7241309

ハグロトンボもいます。

P7241289

木陰ではキジバトが休んでいます。久しぶりに鳥を撮った…

P7241298

思えば、私も子供の頃は、夏休みは毎日家の前の川(といっても、ここよりもずっと山の中だったから、川は細くて渓流の趣すらあった)でこんな事をして遊んでいたように思います。私はこの楽しみを、自分の子供達に教えたかった。だからこの環境はとても有難かった。

ただ、一つ、寂しく思うことは、こんなすばらしい環境があるのに、私達のように川ではしゃぐ子供の姿がない事。

子供の数自体、少ないのかもしれませんが、こうして遊ぶ事を子供達は知らないのかもしれません。

道を行く、通りかかった方が「水を得た魚じゃなぁ」と笑いながら仰いました。そして、「最近はこんな風に遊ぶ子供を見かけなくなったなぁ」と。

ぜひ、子供と一緒に遊んでください。親が見せてあげないと、子供にはこの楽しさは伝わりません。

|

« しっぽのいもむし(芋虫嫌いの人、注意!) | トップページ | バナナとチョコのナイスな関係 »

コメント

こんばんわ♪
毎度のことですが、いい環境ですね~。
家の近くで、晩御飯が採れるってのがナントモ…happy01

でも、これだけの環境で遊ぼうとしない、ていうのも勿体無いですね。
つちねこの田舎は、もう少し開けてる(というか、野山ではなく、田んぼだらけ)んですが、ザリガニ・オタマジャクシ採りなど色々遊んだものですが…。
もっとも、つちねこは、動物よりも、食べられる植物系に興味が行ってましたけどcoldsweats01

投稿: つちねこ | 2008年7月24日 (木) 23時22分

めっっっっっっっちゃ羨ましい!!
ワタシも、一緒にどぼ~んってしたい!!

ウチはね、神戸でね、最近川は底をサラってコンクリートになったものばっかり。なんだか水遊びしてても、生き物を水草の間から見つける楽しみもなくなっちゃってる。確かに、私たちの小さいときは、川岸に生えてる野性の小豆みたいなのいっぱいとって、マラカス作ったり、その茂みの中から見つける、ビックリするほど大きなカエルにキャーキャー言ったり。そんな毎日とは違ってきている今の子どもたちの現状。いろんな意味で、地球を考えることが、子育てにも繋がるのにな…って、思ったりすることもあるよ。

ほんと、いい環境やね。
そして、そのいい環境で思いっきり遊ばしてもらっているダイキチくんとみぃちゃんは、いっぱいママの愛で包まれてる!

投稿: 出海 | 2008年7月25日 (金) 01時50分

ほよよ~、家から一分でこんな良い場所が!

ここなら人工プールと違って、『水が無くてガ~ンcoldsweats02』 と立ち竦まなくても良いですね?
翡翠のお食事処と同じと言うのが、すんごく素敵です。

『ウケ』では無いですが、私もペットボトルで作りますよ~。
『ビク』ですけど、、、
上の部分をチョキチョキして逆さに差し込んで、ガムテで止めたら
ハイ出来上がり! 透明なので、観察にはモッテコイですね。
観察終わったらテープを剥がしてリリースしましょう。happy01

投稿: ちば竹 | 2008年7月25日 (金) 06時14分

つちねこさんへ
私は田舎生まれの田舎育ち、多分都会では生きていけないでしょうねぇ(笑)
それにしても、川で遊んでいる間、うちのチビたちの声しかしない。他の子供たちは一体何をして遊んでいるのでしょう。
ゲームよりずっと面白いのになぁ…

私もよく、野にある実を食べてましたよ!いや、現在進行形です(笑)。

投稿: こっこ庵@店主 | 2008年7月25日 (金) 20時39分

出海さんへ
でしょ?どぼんしたいでしょ?(笑)

今の子達、確かに遊ぶところがないですもんね…
川があっても、護岸工事がなされ、川に降りられなくなっている所を良く見かけます。
川だけでなく、こういったことは他にもいろいろな所で見受けられます。
これでは、子供達は、自分たちも生態系の一部だと言う事に気付く機会を失ってしまう…人間はどんどん孤立してしまうのよ。
また、自然と親しむって事は、仲間達との結びつきを深める事にもなるのよね、不思議な事に。

投稿: こっこ庵@店主 | 2008年7月25日 (金) 20時50分

ちば竹さんへ
ここには毎日のように通ってます、プライベートビーチ状態です(笑)
時折、ご近所のおじさんおばさんたちが笑いながら見物していくのはご愛用として(笑)。

「ウケ」はダイキチ作です。しかし収穫無し。
やっぱり丸一日沈めておかないと駄目ですね。

投稿: こっこ庵@店主 | 2008年7月25日 (金) 20時54分

ココでいいじゃん!
ココで十分!
やっぱ行く!(笑)

親がまずは見せれば子どもは勝手にどんどんアレンジしますもんね?
ホントこういう遊びこそ楽しいのに。
ウチの目の前に流れる川は、川とは名ばかりのドブ川です。
川沿いに建ってるマンションの窓から、ゴミ袋(フツーの45リットルの袋)を投げ捨てるのを目撃したコトがあるくらいの川です。
その窓に投げ返してやりたくなったよ・・・。

投稿: maeda | 2008年7月25日 (金) 23時51分

maedaさんへ
おいでおいで!(笑)

遊びたくても遊べる環境のなさ、また、環境が揃っていても遊び方を知らない、(教わる機会が無い)そんな事ではこの国の子供達どうなってしまうのでしょう…
ごみの問題にしても、先ず大人が変わらないと駄目なのでしょうね…

投稿: こっこ庵@店主 | 2008年7月27日 (日) 06時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/74237/22520881

この記事へのトラックバック一覧です: 徒歩一分の天然プール:

« しっぽのいもむし(芋虫嫌いの人、注意!) | トップページ | バナナとチョコのナイスな関係 »