« ううむ。 | トップページ | 来てくれた目白 »

2008年3月13日 (木)

来る季節 行く季節

P3130282

暫く寝込んでいる間に、木蓮が花を咲かせていた。

あの、固い小さな蕾の中に、こんなに柔らかくて白い花弁が包まれていたのかと思うとため息が出てしまう。

先日我が家に帰ってきた燕も、恋人を連れて又現れた。只今昨年のままの巣をふたりで点検中である。

そして尉鶲は、家の前の桜の梢に止まり、「チュリリリィ チロリリリィ」といった、囀りを思わせる声で啼いている。

もうすぐ、遠い北の地へと旅立っていくのだ。

そして季節は何時もと変わらず巡ってゆく。

|

« ううむ。 | トップページ | 来てくれた目白 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/74237/11221250

この記事へのトラックバック一覧です: 来る季節 行く季節:

« ううむ。 | トップページ | 来てくれた目白 »