« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

2008年3月31日 (月)

ちゃんと生きております(笑)

ちゃんと生きております(笑)
【本物だったらいいのにねぇ】

只今cocco一家(母、ダイキチ、みい)実家に帰省中です。
乗車率120%ではないかと思われる新幹線の車内(勿論ずっと立ちっぱなし)ダイキチ、みい、よく頑張りました。みいは大人しく私のだっこで寝ておりましたが、ダイキチの頑張りの影には、同乗の美人のおねえさんの影響が大きかったかと思われます(苦笑)。と、取り敢えず、次回からはちゃんと確認してチケット買おう…
あ、毎日電話してますよ♪しかしながら、cocco実家、本blogにも何度か書いてますが山の中、一時間も歩けば「〜高原」と呼ばれる所に行き着いてしまう場所、当然ながら電波状況の非常に悪い所です。故にかけては切れる、切れてはかけ直す、イタ電状態。あはは、念が弱いのかしら〜(笑)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年3月28日 (金)

お知らせですっ♪

今日から4月8日まで、実家(岐阜)に羽を伸ばしに親孝行にいってきま~す♪

携帯から2、3回upするかもしれませんが、コメントは8日に帰ってからゆっくり読ませてもらいます。て、訳で返事もその日になりますが、ご了承くださいませ。

さてさて、cocco家珍道中、何が起こりますやら♪

P3020188

しっかり頼むゼ、兄ちゃん!

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2008年3月27日 (木)

何ですか?これは

ええっと、百舌つながりって事で。

以下、ちょっとグロテスク(ちょっとじゃないかも?)なので、勇気のある方のみ。

続きを読む "何ですか?これは"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年3月26日 (水)

甘え上手

昨日の散歩時、木の梢で「ジジジジ」という鳴き声を聞いた。

P3250369

百舌だ。幼鳥が親鳥に餌をねだるような甘えた鳴き声だ。

体を膨らませ羽を小刻みに震わせている。過眼線が褐色である事、羽に白斑が見当たらない事から雌だと判断。余りにもムクムク過ぎて、下面の波模様は確認できず。

百舌の雌は、雄からの求愛給餌(雄が雌へプレゼントの餌を与えるのだ)を受ける際、こうした幼鳥のような仕草をする。

残念ながら、皆ピントが手前の枝に行ってしまい、これが唯一そこそこ見られる写真。(と言ってもこれもぼけているが)

この可愛らしい仕草、雄でなくても餌を与えたくなりそうだ。しかし、いくら可愛いからと言って人間がこの真似をするとちょっと引くかも?(赤ちゃんがえりかいっ!)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年3月25日 (火)

桜の蕾と雪柳

P3200312 P3250360

ダイキチが春休みのうちに、一つくらい山に行きたい。

だが、トレーニングもサボり気味、このまま行くのも不安なので片道一時間の散歩。

山では大体長男に先を行ってもらっている。ペースメーカーとして、ルートファインディングの訓練として、そして忍耐をつける為。

ダイキチはすたすた行くのに対し、みいは立ち止まっては小石を拾い、花を摘み…ひたすらマイペース。…ははは、忍耐だよ、忍耐。

で、片道一時間の予定が大幅に狂ってしまった。目的地の公園では、雪柳が満開、染井吉野は後二、三日で開花しそうだ。

いつもはめい一杯望遠で撮っているが、今日はマクロの世界(笑)。

お弁当を食べ、帰りにご褒美に買ってやった籤つきのお菓子、家について開けたら見事に当たりが出て、又歩くことになった。良いトレーニングになったぞ。

…で、思ったんだけど。

28日から12日間(12日間ってのが、JRの往復割引の最長なんです。距離によって変わりますが)実家に帰るんですよね。ああ、山に行けるかな~

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年3月24日 (月)

鍬と鶫

P3230342

ついにテレコン導入。

記念すべき第一羽目は鶫君(ちゃん?)。

P3230340

ああ、ピントがアサッテに行ってる…

P3230348

正面顔も…

P3230349

兎に角、馴れなきゃね。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年3月23日 (日)

ついに来た!

P3230331

ダイキチの机。

セッティング中、(家具屋さんがしてくれましたが)興奮気味の子供達、ちょこまかとやかましいので別室で待機。

この後、余程嬉しいのか(嬉しいだろうよ)暫く机から離れなかった。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年3月22日 (土)

仲が良いのか悪いのか

只今読書中~漢字もあるのに読めてるのかね?P3020187

長男ダイキチも春休みに入り、いつもの四、五倍ほど体力を消耗している母でございます。

一人増える訳だから二倍で良い筈なのに、何でだろうね?ダイキチ効果でみいがパワーUPしているのですよ、良くも悪くも。

仲良く遊んでいたかと思うと取っ組み合いのけんかが始まり、そんなに仲が悪けりゃくっついていなくてもいいのに…と思うのに一緒にいるのが不思議。

私が思うのは、兄弟って生まれながらにしてライバルなんだろうね。ダイキチなんか、初めてのみいの授乳シーンを見たとき、「まじゅい…」(不味い)と言いながらもう片方にかじりついていましたから(笑)。

それでも一緒にいるのはやっぱり兄弟だからだろうね。いつも一緒にいるからお互いの弱さも強さもわかっているし、母親にでさえ判らない所(大人であるが故に判らない子供の繊細な部分)を共有しあえているからかな?時々二人でひそひそ話をしていて、私が「え?何?」と尋ねると「なんでもない!なんでもない!」と二人でニヤニヤ笑っている。

そんな二人はこう言う。

ダイキチ「俺たち仲悪いよな~!」

みい「な~!」

…仲良く言うなよ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年3月20日 (木)

遊んでるカモ?

P2280108

軽鴨さん、少々早いこの流れに流されて、岸に上がると又上流へ。そして又流されて…を繰り返していた。これは岸に上がったところ。

天然のウォータースライダー?を楽しんでいた?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年3月19日 (水)

二月十八日 良き日

今日も長男ダイキチ、荷物はこれでいいのか、服装はこれでいいのかと何度となく尋ね、納得行くと「行ってきます!」と元気良く玄関を飛び出して言った。
石橋を叩いて割ってしまうほどの用心深い彼だったが、何とか割れる前には渡れる様にはなったようだ。
途中振り返り、「今日は何時来るの~?」と家の前で見送っている私に尋ねてくる。
今日は卒園式なのだ。
最近、涙腺の緩くなった私であったが、今日は泣くまい、と思っていた。
卒園式の後にはPTA解散式がある。昨夜、議事で読み上げる為の年間の活動報告の原稿を書いた。役員の私としては泣いている所ではない。
幼稚園のホールに入り、役員達で簡単な打ち合わせ。気持ちは張り詰めている。
保護者が着席し、時間通りに式が進行する。次々に入場してくる園児達は、まだ幼くて頼り無げな一年前からは想像できないくらいに大人びて、眩しかった。
その中に、勿論長男ダイキチもいて、しゃんと背筋を伸ばして歩いてくる姿に、ちょっぴり目頭が熱くなった。
幼稚園に行きたくなくて泣いた日。一緒に園まで歩いていって、私の手を何時までも離せずに教室の前で二人じっと立ち尽くしていた日。泣きながら先生に手を引かれ、教室に入った日。友達の輪の中に入りきれず、一人絵本を読んだり、工作をして過ごした日。それがいつの間にか、「だれよりも一番に、幼稚園に行くんだ」と一人で幼稚園に走っていくようになり、もっともっと遊びたいと幼稚園から帰るのを渋るようになり、何時しか友達も出来て、その友達をとても大切にする子供に育っていた。
園長先生からのsurpriseでスライドショーが行われ、眼鏡を持って来なかった事を悔やんだが、持って来た所で目の前が滲んでまともに見る事など出来なかっただろう。
園児達が退場し、式は終わったが、こんなでは議事の原稿など読めないよ、と思っていた所で役員以外の保護者の方々から「一年間有難う」とまたまたsurpriseを頂いた。いや、有難うと言いたいのはこっちなんだ。先生と役員と園児達だけでは幼稚園は成り立っていかない。皆の協力があったからこそなのだ、議事の原稿に、アドリブでそう付け加えたが、それだけでは言い尽くせない。
「一年間で親子共に大きく成長しましたね」と主任先生から声を掛けて頂いた。
厳しい方であったが、その厳しさの中にはちゃんと優しさがあって、ちゃんと私達を導いて下さった方だ。
長男は担任の先生にまとわりついておどけている。本当は別れるのが辛いのだ、だからおどけているのだ。長男が幼稚園が大好きになれたのも、この先生のお陰だと思っている。
向こうではgasaさんとみいがいる。私が役員になった事で、随分と迷惑を掛けてしまった。お義父さん、お義母さん、おばあちゃんにも。事に、お義母さんには。
こうしてこの日を迎えられたのは皆のお陰だと思っている。だから

「ありがとう」

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年3月16日 (日)

こっち向いてくれない

P3150284

P3150286

在庫写真から。

ものすご~く、良い場所に止まってくれたのに、ちっともこっち向いてくれなかった。

百舌くん、私の事嫌い?

その可愛らしい、泥棒マスクのような過眼線を見せておくれ~。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2008年3月15日 (土)

昼食会のメニューは?

【たまにはまったりと遊んでみたり…】

P3110275

長男ダイキチ、幼稚園生活も残り少なくなり、先日先生と園児達でお楽しみ昼食会が開かれた。

「お楽しみ」と言うからにはメニューは内緒、一体どんなものを食べてきたのか気になった母は、園から帰った長男に尋ねてみた。

「おかえり~、昼食会って、どんなもの食べてきたん」

「ん~とな、サラダに小さなカリカリのパンが二つ乗っていて美味しかった~ぁ」

…それはもしかして「クルトン」と言うものではないか?長男。

…昼食会のメニューは、それだけだったのか?長男。

…で、後々判ったのだが、昼食会には勿論他のメニューもあり、カレーパンやメロンパン、デザートにはプリンもついていたそうだ。

が、ダイキチ、その中で一番印象に残ったのが「クルトン」って…

一体毎日、何を食べているのか…(食べさせているのはお前だろうが!と言う突っ込みは無しで~:汗)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年3月14日 (金)

来てくれた目白

外に出る気力も体力もなく、家の中でぼんやりごろごろしていたここ数日。

ある日、洋間で日向ぼっこしていると、目の前に目白が現れた。

P3120280

鳥の正面顔って、やっぱり宇宙人。

P3120277

洋間の前に植えてあるので、本当に目と鼻の先。

P3120276

この花の蜜は本当に、甘い。目白の気持ち、良く判る。

P3120278 

「元気になった?」「ウン!」

P3120279

「蜜柑くれるの忘れないでね~」「あ、ゴメン。忘れてるわけじゃないのよ…」

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年3月13日 (木)

来る季節 行く季節

P3130282

暫く寝込んでいる間に、木蓮が花を咲かせていた。

あの、固い小さな蕾の中に、こんなに柔らかくて白い花弁が包まれていたのかと思うとため息が出てしまう。

先日我が家に帰ってきた燕も、恋人を連れて又現れた。只今昨年のままの巣をふたりで点検中である。

そして尉鶲は、家の前の桜の梢に止まり、「チュリリリィ チロリリリィ」といった、囀りを思わせる声で啼いている。

もうすぐ、遠い北の地へと旅立っていくのだ。

そして季節は何時もと変わらず巡ってゆく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 9日 (日)

ううむ。

金曜から、喉の辺りが何か変だぞ?花粉か、黄砂か?と思っていたら、水を飲むことさえも痛くてしんどくなった。体温測ったら38度越えてる…こりゃ、アルコール消毒(笑)どころではない。声も出なくなってきたのでダイキチとは筆談、みいとはジェスチャーゲームしています。

そんな訳で薬嫌いの私が、薬飲んで寝ます。

明日にはフル充電で復活する予定ですのでご心配なく。コメントつけて下さった方には元気になったら返事をしますのでごめんなさい…

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年3月 8日 (土)

鴨尽くし~お前達、何者?~

…前回からの続き

手前にいた10羽程の群れがこちらに急接近して来たぞ!君達、寄りすぎ!思わずズームを引っ込める。

P3060229

え?そんなにモデルになりたいの?

P3060234

と、思ったら

P3060230

なんかおかしいぞ?

P3060238

あれ?この雄、首の白い輪のような模様(?)が無い。

P3060237

あれ?この子、足輪つけてる…

良く見ると、ここに来た子はどの子もこの子も足輪がついている。どうやら、この10羽程の群れは人に飼われている(た?)ようだ。私の隣でみいが今朝焼いてきたパンを食べ散らかしているものだから、そのおこぼれを、と思っていたらしい。野生の子の緊張感もへったくれも無くて私は残念だが、みいは大興奮してパンを私の分まで撒いちゃった…

お~い、母さん帰りに又30分、自転車漕がなきゃいけないんですけど~(涙)。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年3月 7日 (金)

鴨尽くし

昨日は本当に良い鳥観日和で、みいと一緒に公園もある近くの河原(と、言っても自転車で30分)へ。

P3060231

P3060233

ここは緋鳥鴨の群れ。モヒカン頭は雄、地味~なのが雌。

P3060224

P3060219

こっちでは真鴨がシンクロ中。

P3060217

P3060213

真鴨、雄の伸びと水浴び。

向こうのほうには小鴨も軽鴨もいるのだが、遠くて撮れない。

…と、そこへ―(今回は写真が多いので次回に続く)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年3月 6日 (木)

五平餅風

P3040226

焼きおにぎりに五平味噌を塗っただけの簡単おやつ。

五平味噌は、実家のある町の駅横にある美味しい五平餅やさんのもの。味噌だけでも売ってくれます。友達とキャンプに行く時、「例のお味噌、お願いね!」と頼まれます。みんなで焼きおにぎりにつけて食べるのですよ。

自分で美味しい味噌だれを作れるようになると良いのですが…

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2008年3月 5日 (水)

お日様の下の白腹

P2280129

水を飲みに来た白腹。体がまん丸で可愛い。

P2280130

何時もは薄暗い林や森の中でガサゴソ音を立てているが、たまにはお日様の下にも。

P2280132

何か美味しいものでもあったかな?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年3月 4日 (火)

雀の受難

やけに雀が騒がしいぞ?と思って外に出ると

P3040218

雀がハウスの中から出られなくなっていた。多分、おばあちゃんがまいたトマトの種を狙ってきたのだろう。それよりもどっから入ったのさ、お前達。

P3040225

仲間の雀達も、心配そうに見ている。

とりあえずドアを全開にして、「出て行けよ~」と追い立てたが、駄目だ、鳥ってのは上に向かって飛んでいくので(しかもパニックに陥っている)、下にある開かれたドアに気がつかない。(その心理、良く判る:苦笑)

P3040219

あ、人間が来た。

P3040220

出られないよ~

P3040221

出口はどこだ~

P3040222

こっちにこないで!

P3040223

怖いよ~

雀達の、何時もより鋭いチュンチュンの声は「こないで!出て行って!」と言われている様で、助けてやっている身としては少々辛いものがある。何はともあれ、無事に全部飛び立って言ってくれた時はほっとした。

もう、来るんじゃないぞ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雛祭りに

P3010163

国菊 黒米甘酒(株式会社 篠崎:福岡県朝倉市)

毎度御馴染みの篠崎さんの甘酒。アルコールは入ってないからね~。

前回の記事はこちら↓

http://amagaerukerokero.cocolog-nifty.com/blog/2007/12/post_8952.html

黒米の綺麗な紫が出て、お雛様チックで可愛いでしょ?

飲んだ感じは玄米甘酒より更につぶつぶ感があり、これは飲むと言うより食べるに近いぞ?と思ったりしました。香ばしくて美味しいです。

子供があっという間に飲んで、ああ、もう無いよ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年3月 3日 (月)

ダイキチ、男の意地

P2230036_2

長男ダイキチ、こう見えてメンタル面は弱かったりする。しかし、それを必死で隠そうとする。手っ取り早く言えば、「ええかっこしい」である。ははは、誰かに似ているな(私か!)

その彼は、病院嫌いの白衣恐怖症である。そして大の注射嫌いでもある。

小学校に上がる前に受けておかねばならない予防接種があったのだが、そんな訳で中々行けず仕舞いであった。

そんなある日、ダイキチと友達との間でこんな会話が交わされていた。

友A「俺なぁ、この前注射してきたんでぇ。ちっとも痛くなかったわ」

友B「俺もなぁ、泣かんかったんでぇ。俺の妹も1歳やのに泣かんかったわ」

ダイキチ「…」

そこですかさず

私「あ~、ダイキチ、そういえば予防接種まだやったなぁ。今度受けに行こうなぁ」

友A「ダイキチ君まだやったん?ちぃとも怖くないでぇ」

友B「うん、痛くないで」

ダイキチ「…俺だって怖くないやい」

ほほぅ、言ったな?

私「じゃ、行くか」

ダイキチ「…!!!」

…母はワルである。

そんな訳で、ようやくダイキチを病院まで連れてくる事が出来た。だがダイキチ、可愛い看護士さんにやたら声を掛けたり(!)何だかテンション高いぞ?

だがしかし、肝心の注射を目の前にダイキチ硬直。さっきまでの威勢はどうした?

「ちっとも怖くないもんね~」と笑いながら言ってるが、目は笑ってないぞ?

ほらほら、逃げ腰になってる。こいつは捕まえておかないと危険だ。「ダイキチ、ごめんよ」と心の中で呟き、がっちり抱え込む。

…なんだ、本当は怖かったんだ。

「ダイキチ、お前は強いぞ。友達に自慢してやるんだったよな?」抱きかかえて優しく言ってやると、ダイキチも抵抗するのを止めた。決意したようだった。

針が刺さった時、少し顔を顰めたが、それっきり。

看護士さんと先生に、「又明日来るからね~」(来ない、来ない:笑)と手を振って病院を後にした。

帰りの車中、ダイキチは腕を捲り上げ、注射の跡に張られたテープを誇らしげに眺めていた。次の日きっと幼稚園で、腕を捲り上げて自慢するんだろうな、そんな姿が目に浮かぶようで、こっそり笑ってしまった。そして、ちょっぴり誇らしくもあった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年3月 2日 (日)

本宮山…の入り口にて

今日は神社の式典があり、餅投げやら抽選会やらがありまして。

その、持ち投げと抽選会の間の1時間ほど、うろうろしていました。

P3020217

社殿の裏、右側に立派な標識がある。徒歩90分 6kmとある。

P3020216

川伝いの照葉樹林の道を行くとすぐに開けて右側に田畑がある。

P3020212

すぐに次の標識。矢印通り、左に入る。曲がらず真っ直ぐ行けば民家に出る。

P3020213

こんなところを登って

P3020215

よっこらしょと

P3020214

開けた場所に出る。おそらく昔はここも田畑だったのだろう。この上に溜池もある。この、溜池の横を通り抜けるといよいよ山だ、という趣になるが、(以前、地図も持って途中まで登った事があるが、その時はタイムアップとなって引き返した。みいがちっとも動かん!)もう少し行きたかったが、今日もここまで。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年3月 1日 (土)

梅と雀

P3010164

雀はムズカシイ。こっち向いて~(涙)

お義父さん、折角家でゆっくり出来るのに、孫達がちょろちょろではかえって疲れてしまうなぁ。で、子供達を外に連れ出しながらの鳥観。気の利かない嫁でスミマセン…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

翼のお手入れ ~背黒鶺鴒・黄鶺鴒~ 

P3010170

先ず、毛繕い。

P3010171

続いて準備体操。伸びをします。

P3010172

ざぶん!

P3010177

豪快に水飛沫を上げ

P3010179

お先にぃ~。

P3010185

続いて黄鶺鴒。

P3010180

元気良く水浴びしている為、ぶれちゃって見えません…(汗)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春の音 春のにおい

明け方に目を覚ますと、外で何かの鳴き声がする。

「ホッホー ホロッホホッホー」

近くの山で梟が鳴いているのだ。

冬の間静かだった梟たちも、この時期から盛んにテリトリーコールを始める。

外に出ると風は温かい。どこからか甘い香りも漂ってくる。

そうか。花壇のヒヤシンスも咲いているのだな。

今日から三月なのだと、今気が付いた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »