« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月

2008年2月29日 (金)

嬉しい日

P2290135

P2290138

P2290139

P2290140

お義父さんが帰ってきた。とはいっても退院ではなく外泊なので、数日後には又病院に行かねばならないのだが。

到着するなり、「じいちゃん、おかえり~♪」とみいは周りをちょろちょろ。幼稚園から帰宅したダイキチも加わって、賑やかだ。三人でお布団に潜っていると言った、可愛い姿も。こちらはお義父さんの頭が痛くなってしまうのではないかと、気が気ではなかったが。

やっぱり、家族は一緒が良い。

今日は、南風に乗って燕も帰ってきた。

長旅ご苦労さん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

猫、ねこ、ネコ

P2280112

P2280114

P2280120

ある公園にて。

この公園の猫達は人に馴れている。皆に優しくされているのだ。

気持ちよく日向ぼっこをしている所であったが、快くみいの相手をしてくれた。

何故かみいの所にはいろいろな動物が寄ってくる。(昨年の記事の燕の雛も然り)

生き物好きもここまで来ると大したもの。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月28日 (木)

尉鶲 じょうびたき

P2250089

ここ、僕のお気に入りの場所。

P2250091

僕のテリトリーだぞ~!

尉鶲は以前にも書きましたが、縄張り性の強い野鳥。今シーズン中、わが愛車のサイドミラーも彼のうんにょろ攻撃に泣かされた。

下の写真は顔つきを見てもらいたくてトリミングしている。可愛らしい野鳥だが、気性の強さ、目を見れば判っていただけるだろうか。

我が家の付近には百舌も縄張りを持っているのだが、先程までその百舌のいた場所に尉鶲がやってきてテリトリーコールをしていた。一歩間違えば餌にされている。(ちなみに百舌は蜥蜴や蛙などだけではなく、自分と同じほどの小鳥も狩る)

私がカメラを向けている間、こちらの様子を窺っていた。まるで睨まれているようだった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年2月27日 (水)

黄鶺鴒 きせきれい

P2250093

あっちむいて

P2250092

ホイ!

鳥の正面顔って、何でこんなに宇宙人顔なんだろう。

(オマエ宇宙人見たことあるんか!と言う突っ込みは無しで~)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年2月26日 (火)

鶫 つぐみ

P2250094

「なに見てンのサッ!」と言う顔。

その、気の強そうなところが大好きです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

河原鶸 かわらひわ

P2250078

「櫨の実おいしいよ!」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月25日 (月)

鈴なりの

P2250100

雀。夕焼け背負ってます。

P2250099

明日天気になるかナァ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

再び上野の森

土曜に長男の幼稚園の発表会があり、今日は振り替え休日。先日、上野の森に行ったことを話すと「え~!俺も行きたい!」と言うので三人で行く事に。

P2250047_2

象のオブジェと久々のご対面。「会いたかったよ~。で、登って良い?」…良くない、良くない。

P2250049

今日も何かを拾う二人。餌を拾う猿じゃないよ(笑)。

P2250048

「ねずみの小判拾ったよ~」櫨(はぜ)の実です。沢山拾うと願い事が叶うそうです。

P2250051

この二人、この斜面を登ったり降りたり。

P2250055

実は、下にこんな立派な遊具があるのです。しかし、家の子供らは山の中で遊ぶのが好きらしい、大変結構。(親馬鹿)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月24日 (日)

…で、早速

Meziro

使ってみた。光学ズームの一杯一杯でここまで出来る。

P2240044

デジタルの一杯一杯だと同じ位置で撮っても、ここまで大きく取れる。蜜柑、ひよ軍団に食い荒らされました。デジタルだと流石に画面がざらつくなぁ。

Cimg2895

これは今までのコンデジでの撮影。デジタルズームを使ってもこれで精一杯でした。

ちなみに使っていたのはCASIO QV-R4。CASIO製のデジカメの初期のものですな。それでも楽しく使わせてもらいました。勿論使いますよ、これからも。

P2230043

おまけ。一番上の画像をトリミング。やあ、可愛いナァ。逆立った羽毛の感じも良く出てる。(自己満足)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月23日 (土)

かもカモ?

Cimg2977

Cimg2976

小鴨かも。いや、小鴨なんだって。

こがもと言っても子供の鴨ではなくて小型の鴨という意味。本当にそういう名前。

雄(写真上)、一羽、雌、四羽。その傍を、御馴染み背黒鶺鴒がちょろちょろ。

嗚呼、早く新しいカメラを使いたい!(だからgasaさんのだってば)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年2月22日 (金)

一日遅れ

Cimg2989

…のプレゼント。

実は自分が早く使って見たかったりして(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひよ軍団襲来

Cimg2987

…で、被害にあったブロッコリー。葉の部分が齧られている。

ひよどりの被害を防ぐ為、ネットを張った。昨日はキャベツに来ており、こちらもネットで防御。

ひよどりは嫌いじゃない。頬の模様が某洋菓子メーカーのキャラクターみたいでむしろ愛らしいと思う。が、これは無いだろう…

ひよっこの私が言う事ではないが、共存は難しいのかな、と思ってしまう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月21日 (木)

2月21日

Cimg2982

毎年この日はケーキを作る。

私が焼いた生地に、子供達は自分達で泡立てた生クリームをデコレーションし、果物を飾る。ケーキ屋のそれの様に美しくは無いが、それには無い輝きがある。

子供達はどれだけ理解しているかは判らないが、それでもお祝いしてあげたいと言う気持ちで溢れている。

何時もなら、皆で切り分け食べるのだが、今年はそれが叶わない。

生まれてきた事に感謝する日、生み育ててくれた事に感謝する日、そして生きている事に感謝する日。

gasaさん、誕生日おめでとう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今日の宝物

Cimg2984

みいの上着のポケットからざくざく。

散歩中に見つけた宝物。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年2月20日 (水)

食べてるよ~

最近、木蓮の木に刺している蜜柑の減りが早いと思ったら…

Cimg2972

ひよどりが来ています。

Cimg2974

あ、食べた。

Cimg2973

私の三倍ズームしかないデジカメでも、大きく取れるほど近寄っても堂々と食べているこの余裕。山桃の木の茂みで、目白がきりきりと抗議の鳴き声をあげています。

別に食べるのはいいけど、目白と一緒にもっと仲良く食べようよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月19日 (火)

水の中で春を待つ

今日も井戸の水が凍っていた。まだまだ冬なのだ。しかし、春は着実に近くに来ている。

今日は春を待つ水の中の生き物。そんな訳で生き物の平気な方だけお次をどうぞ。

続きを読む "水の中で春を待つ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月18日 (月)

上野の森(大分市)

膝の怪我でgasaさんがバイクに乗れない為、会社まで送り迎えの日々。で、家の雑用、幼稚園の役員の仕事などを済ませると、いつの間にか一日が終わっていてみいとの時間がない。あ、みい指しゃぶりしてる、相当たまってるなぁ…

で、みいをだし(笑)にgasaさんを会社に送ったその足で寄れる「上野の森」へ。

Dcf_0235

丘の上に美術館があり、その駐車場に車を止め付近を散策。象のオブジェがお出迎えである。

Dcf_0234

真ん中高崎山、その左が雪を被った由布岳。良い眺めだナァ。

Dcf_0232

美術館の左に伸びている散策路を歩く。頭上で小鳥達が鳴き、風で木漏れ日も揺れる。整備され公園化しているとは言え、緑の中を歩くのは気持ちが良い。

Dcf_0233

我が家の庭に来る団栗好きの小鳥達の為に団栗を拾っては、私のポケットに詰め込む。あっという間に私の上着のポケットは、団栗で一杯になってしまった。

Dcf_0231

散策路には東屋があり、その横には小さな池がある。今日はその池も凍っている、通りで寒いわけだ。

みい、棒切れを拾ってきて氷を突付く。落ちそうで怖い、怖い。

東屋でおやつのバナナと暖かいお茶を飲んでいると、目白が水浴びにやっていた。白腹や鶫もいる。この池は小鳥達のオアシスになっている。

時間を見て駐車場に戻る。みいは少し物足り無い様子だったが、ダイキチの帰ってくる時間なのだ。又来ようねと約束してかえる。gasaさんには申し訳ないが、こうして空いた時間を見つけて、暫くは通わせてもらおう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月17日 (日)

雛人形は女の子のお守りです

080216_131521

子供らと一緒に雛人形を飾る。みいが初節句を迎えた年から毎年の恒例行事である。

本当は木目込み人形の製作キット(と言うのがあるのだ)で手作りしようと思っていたのだが、一目惚れして買ってしまったのだ。

080216_131555

三人官女の真ん中に。(笑)

いや、そっくりだったのよ、当時のみいに。

Cimg0699

うわっ、そっくり(笑)。

その話をすると、両方のおばあちゃん達に「家のお雛さん(みい)はそんな不細工じゃない!」と怒られてしまうが。不細工ではなくて愛嬌のある顔なのです(親馬鹿)。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年2月16日 (土)

八海山 本醸造

080216_075841

八海山 本醸造(八海醸造:新潟県南魚沼郡)

八海山はレベルが高いと何時も思う。口に含むと微かな甘みを舌先に感じ、その後辛味がうわっと広がってくる。だが、その辛味もしつこくない。所謂端麗辛口ではあるが、程よいコクがあり、飲み飽きない。

純米吟醸は確かに美味しいと思う。しかし、私は八海山なら本醸造をお勧めしたい。本醸造(いや、別に本醸造が悪いと言っている訳ではない)だが手を抜いてない、そんな感じがする。

…純米吟醸が2千円台なら即買いますが(笑)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年2月15日 (金)

共同制作

069

ダイキチ、みいの作品。二人の行動は謎々だらけで面白い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月14日 (木)

パン以外を焼くのは久しぶり

色々ばたばたしていたので、パン以外で(パンは常に食べるので、子供らが)オーブンを稼動させたのは久しぶりだ。

普通ならチョコと行きたい所だが、義父はチョコが苦手である為毎年好物のチーズケーキになる。

080214_060408

我が家には男三人、しかし18cm型のケーキを三人で分けるには大きすぎる!?と言うわけで女達も合わせて皆で(七人家族!)夕食後揃って切り分けるのだが、今年は義父が入院中。一人で寂しいですが病院で食べてくださいね。

080214_093736

こうすれば雰囲気出るかしら?

見返りを期待しているわけではないので別にいいのだが、毎年ホワイトデイに何かを貰った例がない。だが、長男がどこで習ったのか知らないが「ホワイトディには男の人がクッキーをあげるのでしょ?お礼にママに作ってあげるから待っててね」だそうだ。うふふ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月13日 (水)

寒い朝

昨日の夜から降り出した雪が今朝うっすらと積もっていた。これだけでは雪合戦も雪だるまも出来ないが、子供達は大喜びだ。

私が生まれ育った岐阜では、子供の頃はそこそこ積もって、体育の授業が「雪合戦」や「かまくら造り」やはたまた「イグルー造り」になったものだ。とはいってもそれほど北の方でも山の方でもなかったので積もったとしても知れているが、我が家の子供達は目をきらきら輝かせ「岐阜のじいちゃんちもそれくらい降ってる?」と尋ねてくる。残念ながら今はそんなにも積もらないだろう。

080213_072946

長男、「いってきま~す」と元気良く走って出かけた。少ない雪をかき集め、友達と雪合戦をするのだそうだ。

残されたみい、「あれ?にいちゃんは?」。どうやら一緒に遊ぶつもりだったようだ。仕方なく 空に向かって口を大きく開け、雪を食べる。

080213_085737

「雪はそらのもわもわのぶつぶつから降ってくるんだね~」

みいの言葉に私も空を見上げる。

080213_085938_2

本当だ。もわもわのぶつぶつから降ってくるんだね…

時々雪が顔に落ちてきてひやりと冷たい。そしてじわりと解けて体温と同じになってしまう。二人寒さも忘れ、ゆっくりと舞い落ちてくる雪を見ていた。

…その二人の後ろでgasaさん

「スキー場は今頃最っ高のコンディションなんだろうな~ぁ」

と、恨めしそうに呟いていた。

ははは、早く直しなさいね、その足。

只今右膝半月板損傷の為安静中。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年2月12日 (火)

おっきなおっきな

080212_161408

昨年の11月11日にも書きました晩白柚(ばんぺいゆ)。只今食べ頃。

夏蜜柑の様でとても美味しいのですが、一つ難点が。

食べる時に気合いを入れないと食べられません。

080212_162016

ケーキ入刀です!(笑)

080212_164752

頭とお尻の部分を切って半分に割った状態。実の部分より皮の部分のほうが多いのです、実は。中々大変なんですよ、まさに解体作業です。

で、あんなに大きな蜜柑、子供二人、ぺろりと平らげてしまった。私の分…(涙)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月10日 (日)

ピカピカ

最近、長男ダイキチのテンションが異常な程高い。

両祖父母(つまりgasaさんの父母と私の父母)にお祝いを貰い、ランドセルを買ってもらい、机も購入。(但し、机は入荷待ち)ダイキチはピカピカのランドセルを毎日箱から出しては眺め、手でそのすべすべした表面を撫ぜたり、頬擦り(!)してはその感触を楽しんでいる。

…母親は不安で胸一杯なんですけど。

ある日幼稚園から、小学生との交流会があるので良かったら見に来てくださいとお知らせが入った。こっそり見に行く母。

幼稚園児たちは小学校のグランドで三年生のクラスと陣取りゲームをしていた。その中にダイキチもいた。

遠くから見ること暫し、ダイキチが怒っている。どうやら三年生の男の子にに言われた一言が気に触ったらしい。その男の子はダイキチを褒めたつもりで言ったのだが、それがダイキチには判らなかったようだ。

三年生に掴みかかる幼稚園児、その身長差、頭一個分。

流石は三年生、「おい、やめろよぉ」と言うものの相手にしない。しかしそれでは腹の虫の収まらないダイキチ、飛び上がってその男の子の帽子を取り上げ、遠くに投げてしまった!

その様子を見ていた担任の先生がその場を納め、一件落着。

その後は仲良く陣取りゲームを進め、見事大地の圧勝!

「おめぇ、すげーよ!」と先程の男の子と他の何人もの男の子達に囲まれ、もみくちゃにされながらも楽しそうに笑うダイキチであった。

石橋をたたいて壊してしまうほどの慎重者だった筈のダイキチ。彼は一年間で随分と変わった。彼は保護され、包まれているだけの世界から飛び出し、広い向こう側へと向かい始めている。希望に満ち溢れた光り輝く世界だ。

ダイキチ、もうすぐ一年生。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 8日 (金)

鳥を見て思ったこと

Cimg2960 Cimg2961 Cimg2962

背黒鶺鴒。

田圃で餌捕り。背黒や白は割りと根性が座っているのか、人間が近くにいても平気な顔をしている。だが、それとな~く近づくと、それとな~く遠ざかっていく。この微妙な距離感が難しいのよね、鳥も人間も。

近くの林で鶯が「ぽよ~、ほろほけけ?」と囀っていた、若干鼻にかかったような声で(笑)。何事も練習よのう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 7日 (木)

二月七日

今日は旧正月ですよ。

Dcf_0228

Dcf_0227

上:霜柱。下:褄黒豹紋蝶(つまぐろひょうもんちょう)の幼虫。

寒かったり暖かかったりで生き物も困惑気味?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 6日 (水)

黄鶺鴒

Cimg2955 Cimg2957 Cimg2958

水際をチョコチョコと小走りに移動して、時々ブロックの隙間に潜む虫を啄ばむ。

立ち止まっては尾羽をぴこぴこ。可愛らしい。

…そろそろデジスコ導入しようかなぁ。(お…お小遣いがぁ!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 5日 (火)

ダイキチの悩み

長男ダイキチ、幼稚園から宿題を貰ってきた。好きな絵と将来の夢を貰ってきた用紙にかいて提出するのだそうで、文集に載せるのだと言う事。もう、そんな時期になったのね…(遠い目)

ダイキチ、絵はクワガタとカブト虫をさっさと描いてしまうが、ふう、とため息をついてこう言った。

「おれ、将来何になろう…」

将来の進路について真剣に悩む幼稚園児。

あれ?大工さんになるんやなかったか?と聞くと

「う~ん、大工もええけど、石屋にもなりたい」

以前石材店の前を通りかかった時の石を切る様子が頭を離れないらしい。

6歳児にとってそれはそれはカッコ良く見えたのだろう。

「でも、畑もしたい」

…いや、畑は仕事してても出来る。

「庭師もええなぁ」両手で蟹のはさみを作ってちょきちょきする。

…お前はシザーハンドか。

そんな事を小1時間悩んでいるうちにくう、とお腹がなった。

「…やっぱ、パン屋になろうっと」

080205_085020

長男、空腹に己の将来を任せたのか…

国体マスコットも泣いてます(笑)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年2月 4日 (月)

鶫と白腹

Cimg2926

080128_110730

上:鶫、下:白腹。同じく鶫亜科。

体の大きさも、食べるものも殆ど同じである。シルエットだけならどちらがどちらか判らない程。(実際、逆光になっていると判らない)

しかし、ちゃんと棲み分けがされていて、鶫は割りと開けた所を好み、白腹は林を好む。その為、その場所に適応した体色をしている。鶫は全体的に明るめ、白腹は暗い色をしているのがピンボケ写真でもわかっていただけるだろうか(笑)。ま、鶫は固体による体色の変化が著しく、家の畑に来る中でも色々いるのだが。(顔が黒かったり、白かったり)

但し、その棲み分けにもグレーゾーンがある訳で、ばったり出会ったりすると白腹の猛反撃に遭う哀れな鶫。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 3日 (日)

今日の霊山

Cimg2942

うっすら雪が付いている。嫌でもテンションが上がるが、今日は山に行けない。

見るだけで我慢。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

頬白の囀り

Cimg2940

頬白 雄。朝家の前の電線に止まって囀っていた。

囀りながら時々羽繕いをする。鳥は緊張している時に羽繕いをすると聞いた事があり、こちらの気配がわかったか?と思ったが、近くの屋根に他の雄がいた。その雄を意識していたと思われる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 2日 (土)

今日は雨

Dcf_0226

百舌 雌。隈取のような過眼線が雌は薄い。

雨の中、羽を膨らませじっと耐えていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 1日 (金)

鳥達の生活~我が家の畑編~

Cimg2932

ある日の午前中の鳥達の様子。クリックして拡大して見て下さい。(と言っても見難いイラストだな:汗)これだけでも鳥達がどのような場所を好んで住むのか判って頂けると思う。そのうち詳しく書くことになると思いますが、予定は未定、気長にお待ちください。

この日は曇りで風もあり寒かった。殆どの鳥達は林の中にいるのか大人しい。

天気が良いともっと多くの鳥達が見られる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »