« 大地のめぐみを | トップページ | 霊山(りょうぜん)後記 »

2007年12月 7日 (金)

お米のエキスで生きてます

191国菊 発芽玄米甘酒(株式会社 篠崎:福岡県朝倉市)

何時もいつもアルコールばかり飲んでいるわけではありませんよ。

只、お米のエキスが好きなんです!

特に私は夏になると食欲が落ちて何も食べられなくなる、そんな時はこいつに頼ってます。食べられないのに日本酒と甘酒だけは胃に入ってくれるので不思議です。夏に甘酒?と思う方もいるでしょうが、江戸時代には夏に「甘酒売り」の行商が冷えたものを「あまざけ~」とか言いながら売り歩いていたのですよ、時代小説なんか読むとそんな光景が時々出てくる。

ここの甘酒は、米と麹だけで出来ています。その他余分なものは一切無い。また、これに関しては玄米を使っているのでお米のぷちぷちした舌触りが香ばしく気に入ってます。

但し、これは私の好みの問題で申し訳ないが、どの蔵元のどの甘酒もそうなのですが、温めると甘さが前面に出てきてしまい、甘すぎて湯飲みに半分も飲めなくなる。

そんなわけでこの時期にも私は冷やして甘酒を飲みます。(子供には温めてね)

|

« 大地のめぐみを | トップページ | 霊山(りょうぜん)後記 »

コメント

甘酒うまいですねー。うちの母親も甘酒すきです☆

そういえば、缶の冷やし甘酒がありました。広島で買って飲んだんですが、さっぱりしていておいしかったですね。

投稿: Gero | 2007年12月 8日 (土) 16時21分

日本酒に甘酒、美味しい季節になりましたね。
(季節に関係なく呑んでますが…:笑)
日本人に生まれて、ほんとに良かったと思います。

投稿: こっこ庵@店主 | 2007年12月 8日 (土) 21時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/74237/9291059

この記事へのトラックバック一覧です: お米のエキスで生きてます:

« 大地のめぐみを | トップページ | 霊山(りょうぜん)後記 »