« 北陸のお酒 | トップページ | 不覚ッ »

2007年12月24日 (月)

鳩の鳴き声について思う事

071223_105559 珍しいものを頂いた。

鳩笛である。

子供達がどうやって鳴らすのか聞いてきたのでお手本で吹いてやる。

ホーホー。温かみのある低い音だ。

二人がひそひそ相談し始め、見てて、見ててと言うので何かと思ったら、ダイキチが吹き、みいが鳩時計の鳩の真似をする。うまい、うまい。

で、ふと思ったのだが、鳩時計の音はあれはどう聞いても郭公(かっこう)じゃないかと思うのだが。

お馴染み土鳩は「クックックゥ」雉鳩に至っては「デデポッポー、デデポッポー」。

青鳩でも「アーオゥ、アーオゥ」。そのほかにも鳩はいるが、まあ、鳩全般に鳴き声は低い。どう間違って聞いても「カッコウ」とは聞こえない。

そんな事を考えながら子供達の吹く鳩笛の音を聞いていると、その音さえ梟の鳴き声に聞こえてくる。

(ちなみに梟は「ゴロッホ、ホーホー」所謂「襤褸着て奉公」である)

郭公と鳩時計の関係…

…はて?

|

« 北陸のお酒 | トップページ | 不覚ッ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/74237/9537340

この記事へのトラックバック一覧です: 鳩の鳴き声について思う事:

« 北陸のお酒 | トップページ | 不覚ッ »