« お茶の時間に | トップページ | おふろであったまろ »

2007年12月11日 (火)

山で見たもの(霊山篇)

山頂付近で見つけたもの二つ。

210 山辣韮。(やまらっきょう)百合科の植物。

茎や葉を傷付けると矢張り葱の様な匂いがします。

山頂付近のあちこちで見かけましたが、時期が遅いのか少ししおれ気味。

213 山帰来(さんきらい)。又の名を猿捕茨(さるとりいばら)。こちらも百合科。

画像の葉は茶色く枯れていますが、青々とした葉を使い、お饅頭を作ります。葉の上にお饅頭を置き、蒸し器で蒸すのですよ。

子供達はお饅頭が食べたくなると山でこの葉を見つけて持ってくる。(笑)この日は全部茶色でよかった、ほっ。

|

« お茶の時間に | トップページ | おふろであったまろ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/74237/9351421

この記事へのトラックバック一覧です: 山で見たもの(霊山篇):

« お茶の時間に | トップページ | おふろであったまろ »