« まあ、ごゆるりとお茶でも | トップページ | 野葡萄(のぶどう) »

2007年11月27日 (火)

犬鬼灯(いぬほおずき)

185 又は犬酸漿。ただしこれは葉の形、実の光沢からするとアメリカ犬鬼灯。

(犬鬼灯は実に光沢が無く、葉の形は丸みを帯びている事と花柄の枝分かれの仕方が違うのでほぼ断定)

茄子科の帰化植物。路傍や荒地に良く見かけますね。

茄子科特有の花の形をしてますね。

184 果実の拡大。黒くてつやつやで美味しそう?

我が餃子の師匠(中国出身)はこれを「星星(シンシン)」だといって勧めてくれた。味は甘いトマトのような味。

…しかしね、これは毒草(!)なんですよ。

実はおろか葉、茎、根全てにおいてソラニンと言う神経毒が含まれています。多量に摂取すれば下痢、嘔吐、頭痛、麻痺を起こす。

野生の生き物はちゃんと毒があることを知っていて、一度に沢山食べたりはしない。そ、一度に沢山は、ね!(冷汗)

何はともあれ、無知とは恐ろしいものです…。自戒を込めて。

|

« まあ、ごゆるりとお茶でも | トップページ | 野葡萄(のぶどう) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/74237/9136050

この記事へのトラックバック一覧です: 犬鬼灯(いぬほおずき):

« まあ、ごゆるりとお茶でも | トップページ | 野葡萄(のぶどう) »