« 針と糸と少しの布で | トップページ | 笑って許して!? »

2007年9月14日 (金)

9月12日  霊山より 再び 

幼稚園も二学期が始まると、PTAの仕事は目白押しで、心身共にきつ~くなりはじめまして…(人付き合いがものすご~く苦手なのですよぅ)お山の空気が吸いたくなったのです。

この後は天気が暫く崩れそうだし、ダイキチが早帰りでもあったのでこの日しかない!と密かに予定は立てておりました。

朝から食パンを焼き、がーこさんのためのパンの耳まで用意しましたよ♪

この計画を子供らに打ち明けますと「行く、行く!」と食いついてきました。

おやつと水筒と着替えと水遊び道具一式(水着、水中眼鏡、ヘルパー)を持っていざ!

いつものように県道41号を進み、展示館に駐車。がーこさんに通行料(パンの耳)を与え、どんどんザブザブ行きます。

007そしていつものようにゴツゴツを登っていきます。

子供たちはもう、慣れたもの、流石自慢の山猿たちです。

登った先に見えたのは-

008_2 009_2 細く流れる三本の滝です。

滝壺は深緑の水を湛えております。

聞こえるのは鳥の声、虫の声、水音と-

我が家の山猿の元気な声。(汗)

011_2で、この山猿の一匹ダイキチが藪を指差します。「この上登ろ」

…まあ、登れなくもないな。

では、パッパカパッパッパ~(ドラ●もん風)

背中のザックから取り出したるは、長袖長ズボン。母さん、君の考えなどお見通しでちゃんと準備していたのだ。わっはっは。(母、勝利の笑)

子供たちを着替えさせ、ここを登りましょう。

ダイキチは難なくクリア。

しかし…みいは。

直立不動!!

後ろから私が支えてやるとますます斜面に垂直になってチョット…

フォローしてやりながら何とか滝の上まで登りましたが、みいはまだまだ修行が必要ね~

でも。そんな思いも吹っ飛びました。

012_2 こんな景色が広がっていたのですよ。

こっこ一家、この未踏の地でおやつです。

ダイキチはオールレーズン、みいはおにぎりせんべい。

母はそこから少~し拝借。

010_2 はい、 記念撮影です。

食べた後のごみはちゃんとお持ち帰りしましょうね♪

(我が家の鉄の掟その一「ごみは必ず持ち帰れ。落ちているごみも拾って持ち帰れ」)

後片付けをしてまだ時間があるので、ダイキチの「行けるところまで行きたい」という気持ちを尊重してやろう。(と言いつつ私もいきたい)

この先一寸深くなっている部分があるので、子供を一匹…いや一人ずつ背中に乗せて渡し舟状態。

後はごろごろしているところをひたすら登ると、あ~あ砂防ダムに出ちゃったよ…

一寸ゲンナリ…尻尾巻いてさっさと帰りましょう。

でも、楽しかったねぇ。又来ようね。

|

« 針と糸と少しの布で | トップページ | 笑って許して!? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/74237/7935084

この記事へのトラックバック一覧です: 9月12日  霊山より 再び :

« 針と糸と少しの布で | トップページ | 笑って許して!? »