« 燕よ燕 -こっこと子供と燕の二日間- | トップページ | 循環器科でGO!-こっこ、窮地に立たされる の巻- »

2007年8月31日 (金)

霊山より

Photo 我が家から見た霊山です。

[りょうぜん]と読みます。

今日はこちらまで行ってきます。



とは言っても又川なのですが。


田尻から県道41号を南に進みます。

上石川トンネルを抜けた辺りから急に道幅が狭くなり、延々と悪路を進むことになります。

延々と進むと何本か道の分かれるところに出ますが看板がありますので、「森林学習展示館」に向けて車を進めます。

程なく右前方に湖と、ログハウスのような建物、「森林学習展示館」が見えてきます。

ここの駐車場に車を止めましょう。

湖に下りる階段があります。

偶然にもパンの耳などありましたら、一緒にもって行きましょう。

Photo_2 階段を下りると、湖に注ぐ川に架かる小さな吊橋と、ガチョウと数羽のアヒルが出迎えてくれます。

子供たちは「がーこ」と呼んで可愛がっています。

こんな時、先程のパンの耳など与えますと喜んでよって来てくれます。

暫く楽しい一時が過ごせます。

パンの耳もなくなり、ガチョウ達も散り散りに何処かへ行ってしまいますと、これからがお楽しみの川遊びです。

アヒルさんたちはとても可愛いのですが、流石に一緒には泳ぎたくありませんので、このまま上流に行ってみましょう。

Photo_3 暫く行きますと岩がごつごつした場所に出ます。先程とは随分様子が変わってきております。

奥のほうはとても深くなっており、大人でも足はつきません、天然のプールです。

時折、川魚が餌と間違えて足を啄ばみに来ます。

ここでも十分楽しめますが、もう少し行ってみましょう。

2 こんな場所が延々と続きます。沢登をしているようです。

嫌でもわくわく、うずうずしてきます。

そして - 滝に出ます。

落差は3m位でしょうか、細い三本の滝が深い滝壺に注いでおります。

深緑の滝壺は岸から向こうまで10m位でしょうか。

残念ながら写真はありません。

「どぼん」なんて落としたら泣くに泣けませんので置いて来ましたので又の機会にでも。

さて、子供たちは浅瀬でざぶざぶ泳いでおりましたが、不意に私のほうを向き「滝のところまで行ける?」

「まあ、行けない事もないが」

「行って、行って!」「泳いで!泳いで!」

…いっちょ行ってみますか。

滝に近づくにつれ、どんどん深くなり、水底も見えなくなる。

岩肌にタッチする、水しぶきが顔にかかり気持ちがよい。

子供ら「もーいっかい!もーいっかい!」

…じゃ、もーいっかい。

どうしょうもないお調子者ですな。

長い間こうして遊んでおりましたが、雲行きが怪しくなりまして、早々に退散。

帰りは景色が良いので少し遠回りですが「幸せの丘」経由で帰りました。

遠くに別府湾、高崎山、鶴見岳、由布岳を見ながら。

|

« 燕よ燕 -こっこと子供と燕の二日間- | トップページ | 循環器科でGO!-こっこ、窮地に立たされる の巻- »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/74237/7754063

この記事へのトラックバック一覧です: 霊山より:

« 燕よ燕 -こっこと子供と燕の二日間- | トップページ | 循環器科でGO!-こっこ、窮地に立たされる の巻- »